光脱毛は敏感肌やニキビ肌でも可能?

敏感肌やニキビ肌でも光脱毛はできるのでしょうか。 肌トラブルでお悩みの方は、むしろ光脱毛をすることで肌トラブルを少なくすることも可能です。

お肌にトラブルを抱えている方は、毎日のように繰り返すカミソリなどでの自己処理を負担に感じていると思います。 しかし、カミソリで剃ることは角質もそり落としていることになるため、見えない傷が無数につくため肌ダメージは大きいのです。 毛抜きで引っ張っているなら尚更、毛穴がいびつになったり埋没毛ができるなどの肌トラブルの原因になります。

光脱毛を毛周期に合わせて繰り返し行うことで、徐々に毛が生えてくるスピードが遅くなり、生えてくる毛も細くて弱いものになっていきます。 つまり、光脱毛の回数を重ねるごとに自己処理の回数は減って行くため、肌へのダメージが減って行きます。

レーザー脱毛は、ごく軽いやけどのような状態になるので多少、お肌へのダメージはあります。 光脱毛はレーザー脱毛よりも出力がおさえられているため、そのようなダメージが少ないです。

完全に光脱毛で生えてこない状態にまで持っていけば、自己処理もほぼしなくて良くなるので、今までよりも肌に対するダメージが無くなります。 ですから、敏感肌やニキビ肌の人には光脱毛はオススメです。 ただ、ニキビなどで炎症を起こしている部分は省いて脱毛することもあるので、無料カウンセリングなどで詳しく相談してみましょう。